マンチェスターのデザインフェスティバル「Design Manchester」で行われる『Transient Space』という企画展に映像作品を出展しました。Manchester School of Artのアトリウムにて、世界中から集められた31名のデザイナーの作品がスクリーン投影されます。
> https://designmcr.com/events/transient-space
Design Manchester 2018のテーマは《Disrupt》。マンチェスターの各所で開催されます。
最近の調査で、人がギャラリーで1つの作品を見ている時間は平均17秒だという結果が出たんだそうです。『Transient Space』は、その17秒間に生まれる“一時的な空間”をテーマにクリエイティブを集めるという企画です。展示のレポートがIt’s Nice Thatに載っています。
> https://www.itsnicethat.com/…/transient-space-disrupt-the-c…
Artists:
Ian Anderson / The Designer’s Republic (UK)
Erik Brandt (US)
Patrick Thomas (GER)
Studio Build / Michael C Place (UK)
Actual Source (US)
Sulki & Min (KO)
Playlab Inc (US)
Adam Griffiths (UK)
Jon Sueda (US)
Studio Dumbar (NL)
Wax Studios (US)
Foreign Policy (SN)
Okuyama Taiki (JP)
Rita Matos (POR)
Michael Willis (AUS)
Jonathan Castro (NL)
Erik Carter (US)
IGO Studio (FRA)
Caitlin Berner (NL)
Kochi Kochi / Marie Jones (UK)
Jonas Zieher (GER)
Pitch Studios (AUS)
Mick Jongling / Hyperaura (NL)
Deutsche & Japaner (GER)
Melissa Matos / Trusst (CA)
Joel Evey (US)
Jonathan Hitchen + Sam Meech (UK)
Loose Collective (UK)
Ksenia Dubrovskaya (RUS)
12B Studio (UK)
Studio Jimbo (FRA)

Back to Top