CL:Seian University of Art and Design / AD&D:Okuyama Taiki


成安造形大学が主催する企画展のビジュアルを担当しました。

この企画は直接身体を使いながら様々な手法で活動を行う作家を取り上げ、
改めて身体という存在を考えるための展覧会です。
会期中には継続して作家たちのパフォーマンスが行われるほか、
実際に身体を使って参加できる作品も展示されます。

ロゴは、playingする身体とplayerとしての身体の両極の間で変容するBODYを表現しています。
会場ではデザインを元にした什器や学生たちのペインティング、Tシャツの販売などもあります。
Back to Top